どうやってオープンするか|独立したいならフランチャイズで塾を始めよう|独自のスタイルで運営

独立したいならフランチャイズで塾を始めよう|独自のスタイルで運営

メンズ

どうやってオープンするか

ラーメン

自力かサポートか

ラーメン屋を開業したいなら、社内もしくは自力で開業したりフランチャイズに加盟する方法があります。社内で独立できる制度を設けているラーメン屋なら、そこである程度修行すれば店舗オーナーになれる可能性があります。収入をもらいながら修行できるのがメリットですが、開業には数年ほど時間がかかります。自力で開業したいならラーメン屋の経営ノウハウを教えてくれる学校に通えば短期間で習得できます。その分経営にかかるあらゆる費用は自己負担になります。多額の費用をかけたくないという方はフランチャイズに加盟することでスムーズに開業が行えます。決められた研修を1か月ほど受けて技術を習得すれば、店舗の運営や人材にかかる費用などを全面サポートの元で開業できます。この方法ではフランチャイズ本部に費用を払う必要がありますし、一定の規則を守らないといけないので注意してください。

場所をどうするか

ラーメン屋をオープンするにあたって、どこのエリアにするのかは最も重要なことです。とにかく客を集めたい方なら俗に言われる激戦区というエリアを選ぶことをおすすめします。人口が多い都心部に多く、年齢も若年層が多いため新しいお店に興味を持ってもらえる可能性も高いのです。近くに別のラーメン屋があることで常に自分のお店を見直す機会にも恵まれます。向上心が高い方にはもってこいのエリアではないでしょうか。さらに、郊外に比べると来店数が非常に多いため、大きな収益を見込むこともできます。ただ、アクセスのよいところはその分賃料も高い場合が多いですので、建てる場所には気を遣いましょう。初期費用を安く抑えたいならやはり郊外に建てることがおすすめです。激戦区に比べて賃料もはるかに安いので、余裕を持って開業ができます。郊外は人口も少なくなりますが、その分地元に住んでいるお客様に気に入ってもらえば常連客になってもらえる利点もあります。